読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽だまりのなかで

ジャニオタ的生活

Mr.KING SUMMER STATION

早いもので、EXシアターの夏も今年で三回目。ガムシャラ夏祭り!で初めてファンカッションに挑戦したチーム者の夏は今でも色濃く記憶に残っています。去年は受験生だったからEXには行ってないんだよね。去年のクリエにも。だからキンプリを懐古することが無かったんだよね。それが逆にこの夏のあれこれ考えずに神宮寺くんだけを純粋に見ることができたなって思います。今年のクリエはご縁がなくて行けなかったから、自担がメインの現場は一昨年のEXシアター以来!実に2年ぶり。
以下セトリと感想を箇条書きで。

Great5
LOVE YOU ONLY
BAD BOYS
完全マイウェイ
OH!サマーKING
Missing Piece
Prince Princess
rouge
TAKE ME HIGHER
離さないで愛
交差点
Love together
僕はVampire
HiHi JET
パフォーマンスバトル
Dial up
LOVE SONG
慎吾ママのおはロック
BYAKUYA
Electoric shock
One-for the win-
Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~
24-7~僕らのストーリー~
WISH
ハダシの未来
Beat Line
Booster
トランジスタGガール
JUMBO
MAGMA
勝つんだWIN!
街角DEEP BLUE
Go!
 

  • 今年は三回足を運びました。今までは複数回入る余裕が金銭的にも時間的にもなかったから、今年からはそれが可能になって嬉しいー!わたしジャニオタ感ある!ジャニオタのわたし!最初はもっと入りたいなぁ(スマホでチケットを探しながら)と思っていたけど、私は3回くらいが丁度いいかな。1回目で自担を見て、2回目で流れを確認しつつ視野を広げ、3回目で全体を見る。このくらいじゃないと、きっと私は飽きちゃう。でもたとえ複数回入ったとしても、何度か見てその度に色々考えたり思ったり感動したとしても、それらが初日に感じた熱い気持ちを上回ることはないんだなって思いました。初めて見た時の感動や衝撃が私の正直な気持ちなんだな、って。だから初日に感じた気持ちを何かに書き残しておくべきだったなぁと若干の後悔があります。上書きされちゃう前にね。
  • 今年のEXシアターは既存のユニットが2.3つ合同で公演を行う、というスタイル。Princeは天才geniusと松松と。天才geniusは少し気になっていたし松松は初期セクバの安心感があるから発表されたときはうれしかったー!でもほかのらぶすの、とらすと比べて平均年齢が若いからトークも大人しめだったかなぁという印象。あとあの中では神宮寺くんが一番しっかりものだからまとめなきゃという使命感に縛られすぎてたのかなとも感じた。もうちょっと気を抜いて笑っている神宮寺くんが見たかったかなっていう本音はあるけど、でもいつだって誰かのことを卑下するような言い方はしないで、メンバーにもファンにも優しく、全体をよく見ることは神宮寺くんにしかできないことだしね。
  • プリプリが最高。プリプリが最高。プリプリが最高。大事なことだから三回言っちゃう。Prince Princess、通称プリプリっていう語感がそもそも好き。口に出して言いたくなる。プリプリはね、かわいらしい曲なんだけど意外と歌詞がずっしりくる感じがある。王子風の衣装とコンセプトで優しく王道な印象を持ちつつ、でも私はプリンスちぁんは意外と陰に潜めた部分があると思ってるところがあるから、彼らの普段は見せない陰の部分を逆に励ましに還元したような楽曲だと思いました。EXで生で見ると、そうしたPrinceとプリプリという曲の親和性、プラス、彼らが発する無限大の愛のオーラがすごかった。私、宙に浮いてるんじゃないのかな?ってくらいに優しく包み込んでくれるの。Princeの3人による無償の愛を胸に抱えきれないくらい頂いたって感覚。3人ともとても良い顔で優しかった。どんな曲でも表情を歌詞に合わせて変化をつけるところが神宮寺くんの魅了の一つだと思っているんだけど、プリプリの曲の神宮寺さんの表情がね、たまらなく好きだったんですよ。毎公演なぜかわからないけど涙が出そうだった。優しい優しい眼差しと柔らかい笑い顔。聖母マリアかと思った・・・もうほんとすき・・・。彼氏かよ・・・と錯覚して脳内リアちゃんになちゃうくらい優しいんだよ?あの包容力なんなん?表情だけじゃなくて身のこなし一つ一つが優しくて温かくてね・・・どうしてファンにそこまで優しくしてくれるのきみは・・・もうほんとすきーーー。今は他のグループにもユニット曲が色々与えられているけど、プリプリはこのPrinceにしか歌うことができない曲だと思います。カッコいいダンスナンバーでも、恋愛の歌、でもなくてスタンドマイクでみんなが歌って踊れる曲。応援歌いうほど熱い曲ではないけど、励ましの曲。3人が絶妙なバランスで支えあい、またファンを支えてくれる、そしてまたそんな彼らをファンが応援する。ほんとにPrinceとPrincessを繋ぐ素敵な曲です。
  • ラブトゥギャ2016年verキターーーーーー!!!!と思ったらキーが低くなってたwww 私が徐々にセクバを知りはじめ、神宮寺くんに担降りした2012年春に聞き飽きるほど聞いたLove together 2002。袖のない薄っぺらい赤や黄色のダッサイ衣装に身を包み、カメラの位置もあまり把握できていなくて、声変りする前の甲高い声でただガムシャラに歌い踊ってたあの頃。嗚呼、セクバ。きしふうシンメが懐かしい・・・颯くんをはよ舞台班へと何度言ったら・・・。あの当時一緒に踊っていたメンバーでもうJr.ではない子も何人かいるんだよね><4年という年月は短いようで、物事がうつりゆくには十分な長さなんですね。それにしても、あの頃セクバで切磋琢磨していたPrinceと松松が4年後にまたラブトゥギャを歌うなんて最高すぎるよね!?想像もしてなかったから不意を突かれた!セトリに組み込んだ人天才ね?まんまとセクバ懐古厨ホイホイにはめられた。テンション爆上げ案件でしたーー!
  • りんねちぁのお顔が骨格レベルで好き、ということに私は気づいてしまった。そもそも、一人称が「りんね」だし、ちょっと頭のねじが外れちゃったメルヘンちゃんキャラなのかと思いきやなんであんなに骨格が男なの!?ねえ??笑った時の顎の形がちょーーーーーー好き。いや、私が骨格フェチの変態なだけかもしれないけど。りんねちぁのお顔の骨格のつくりは三浦春馬とよく似ている気がする。
  • 全部で3回見たわけだけど、初回にバルコニーに登場したPrinceを見て良い意味で「あ、私の知ってる3人じゃない」と思いました。歌い方、目線、煽り、落ち着き、、、幾倍もかっこよくなってオーラが増していました。いや、冗談抜きでほんとに。私の見ない間にずいぶんとかっこよく、大人になってたんだなーって。それがなんだか嬉しかった。基本母親敵目線の私。神宮寺さんは、ダンスも歌も上手になっていました。そして怒りRAPが無くなったと思ったら空前の巻き舌ブウウウゥゥゥウッッムッ。申し訳ないけどちょっと笑った。何より一番に、神宮寺くんは場を読む能力がほんとうに長けていると改めて思いました。全体にトークを回すよう気を配っているし、人の話をとてもよく聞いていて小さな声でも話を拾う。誰かを卑下しないところがほんとにすごいと思います。誰かを貶めないように、傷つけないように話そう、と心では思っていてもちょっと言いすぎちゃったりしちゃうものじゃない?でも18歳にしてそれが行動できる神宮寺くんは素晴らしい。神宮寺家の教育の賜物だよ。さすが自他ともに認める国民の彼氏。
広告を非表示にする